【ぎっくり腰になったら】安静はダメ!動かして治そう!

2019.04.08
ブログ
IMG_FD19D274F63D-1

カベヤです。

ぎっくり腰は動かして治しましょう!

ぎっくり腰になったことがある人にならわかると思いますが、一度発症すると、ほんとーーーーに、辛いです。

少し体を動かしただけで「ピキッ!」と痛みが走る感覚が怖くて、ついつい動かすのをやめて安静にしてしまいます。

しかし!!

ぎっくり腰は安静にすればするほど治りにくくなるのです。

 

安静にしたほうがいいぎっくり腰は少ない

ぎっくり腰と一口に言っても、症状は様々です。

中には、早急に医師の診察を要する上に安静にしないといけないものもあります。

 

  1. 転んで尻もちをついた後に、日常生活に支障をきたすほどの痛みが出た場合(骨折の可能性も)

  2. 65歳以上の女性(まれに男性)では、『いつの間にか骨折』とも言われる骨粗鬆症による骨折が見られる場合があります

  3. 横になって楽にしていても、ズキンズキンと疼くような痛みがある。また、鎮痛剤を1ヶ月使っても頑固な痛みが取れない、などの場合は脊椎などの病気の可能性もあります

  4. 肛門や性器の周りが暑くなったり、痺れたり、感覚が鈍くなったりする。尿が出にくい、歩くと尿が漏れそうになる場合はヘルニアや脊柱管狭窄症がかなりひどい可能性があります

  5. 足に力が入らない、つま先歩きができないなどもヘルニアや狭窄症による筋力低下が疑われます。

     

これらの症状があれば、直ちに病院へ行くべきです。そして安静にしましょう。

ただ、これには当てはまらないぎっくり腰がかなり多いのです。

西欧諸国の腰痛ガイドラインでも「2日間を超えるベッドでの安静を指示すべきではない」と記されています。

 

「心配いらない、すぐ治るから」

と言った気持ちで、激しい痛みによる恐怖感に支配されない事が大切です。

 

なかなか治らないのは不安や恐怖などの心理的ストレスのせい

脳機能が正常に働いていない事で腰痛が長引く…なんてことも実は結構あるんです。

 

脳には側坐核という部分があり、ここが正常に働いていると『楽観脳』という状態になります。

読んで字のごとく、物事を楽観的に処理できる状態です。

楽観脳の状態なら、ドーパミンやオピオイド分泌が正常に行われるため、腰痛が起きても次第に収まっていきます。

 

ところがストレスや不安感が強すぎると扁桃体という部分が興奮しすぎてしまい『悲観脳』という状態になります。

悲観脳の状態では腰痛が治りにくいのです。

悲観脳は『幸福ホルモン』とも呼ばれるセロトニンの働きも低下しているので、うつっぽくなったり睡眠障害になったり、痛みにも敏感になってしまいます。

悪循環ですね。

こうなれば慢性腰痛まっしぐらです。

 

脱・悲観脳するには?

脳の問題となると、なんだかお手上げって感じがしますよね!?

いえいえ、そんなことはありません。

できることはたくさんあります。

 

①たんぱく質足りてる?

たんぱく質が足りてないと心は元気になりません。

心を落ち着かせるセロトニン、喜びを感じさせるドーパミンはたんぱく質不足では十分に作られないからです。

元気がない、ぼーっとする、鬱っぽい、睡眠障害などはもしかするとたんぱく質不足からきている可能性もあります。

足りてない人は、体重1キロにつき1グラムくらいのたんぱく質をとってみましょう。

詳しくはこちらの記事を↓

たんぱく質足りてる?プロテインも使って効率的に!

 

②腸内環境はどう?

セロトニンは腸内で作られます。

たんぱく質が取れていても、腸内環境が悪ければ悲観脳の状態を抜け出すことは難しいかもしれません。

脳腸相関といって、脳と腸は関係性が強いのです。

健康な腸無くして健康な脳にはなりません。

詳しくはこちら↓

健康になりたいなら、結局、腸でしょ

 

③糖質とりすぎてない?

精製された糖質は血糖値の乱高下を引き起こします。

これがイライラや不安感の元になります。

甘いものや、白米やもちもちパンなど精製された糖質をとりすぎている人は気をつけましょう。

 

④筋肉量は?

たんぱく質が足りてない人は栄養不足なので、筋肉量が少ない傾向にあります。

筋トレによって筋肉量を増やせばセロトニンやドーパミンは増えるので、たんぱく質摂取と筋トレは効果ありです。

あなたの知り合いにムキムキマンはいますか?

彼らにネガティブな人はいないですよね?

それが証拠です。(笑)

 

⑤笑ってますか?

笑うことでストレスはかなり軽減されます。

しかし、この場合はニヤニヤしてもウフフフと笑ってもダメです。

爆笑です。

爆笑しないと脳には良い影響はありません。

爆笑って、普段から面白いことを探したり笑う癖がついていないとできないんです。

少しづつでいいので、何か笑えるような面白いことを見つけられるようにしていきましょう。

人間関係にもいい効果があるので、長期的にみても心理的ストレスからくる腰痛を防げる手段かもしれませんね。

 

⑥ストレス対策してる?

「仕事でのストレスなんだから、仕方ない」と思われる方もいるでしょう。

職場でのストレスは、ほとんどが人間関係です。

相手もあることなので、自分ではコントロールが難しい部分があるのも確かです。

ストレスを受けると、体は酸化してしまいます。

酸化とは老化現象の一種です。

酸化を防いだ方がいいので、

・ビタミンc(1日2000mg)

・水素(水素水は△、できれば粘膜吸引か経皮吸収)

・抗酸化ポリフェノール

などで対策をとりましょう。

 

⑦水飲んでる?

関係ないようで関係あるのが、水です。

水以外の飲み物や食べ物で水分を補給している人は、体内の水分を入れ替えるのに時間がかかります。

血液がドロドロになりやすく、老廃物なども体に溜まっていきやすいです。

まずは1日かけて水を1リットル以上飲んでみましょう。

(いきなりたくさん飲まないように注意)

詳しくはこちら↓

慢性痛を改善する水の飲み方

【動画】水の飲み方

 

痛いけど、無理のない範囲で少しずつ体を動かす!

結局は動かすことが早期回復への近道となります。

 

当院へぎっくり腰の患者さんが来られた時も、ポイントとしては

『仕事も行ければ行って、体操をお伝えして、なるべく動いてもらう。そのほうが早く治ります』

『施術方針としては、来た時よりもできることを増やすことです』

とお伝えしています。

 

寝返りできないなら、寝返りできるようにする、とかですね。

軽傷ならすぐに良くなってしまいますが、重症の人や安静にしすぎてしまう人はやはり治りにくい印象です。

 

どう動かせばいいの?

これについては、『これだけ体操』というのをオススメすることが多いです。

https://youtu.be/xbbhqNUxkuU

全員ではありませんが、腰を反らすことに恐怖心を抱いてしまって長引いてしまう方には有効です。

 

だんだん動けるようになって来たら、別のセルフケアをお伝えしています。

 

痛みが治れば、今度は再発しないようにストレッチをお伝えします。

段階をおっていくことが大切です。

 

結局、ぎっくり腰って?

ぎっくり腰は、

『全身の筋疲労がピークに達した時に、些細なきっかけで起きる腰痛』

です。

 

症状は急に現れるのですが、実はじっくり時間をかけて悪くなっています。

 

言い方を変えれば、

『些細なきっかけくらいで激痛が走るくらい体の状態が悪い』

ということです。

 

むしろ、これをきっかけに健康意識を高めていただければと思います!

 

ぎっくり腰の患者さんをたくさん見させて頂いて感じることは、

①股関節硬すぎ

②腰使いすぎ

この2点が特に多いと感じます。

 

腰というのは、本来安定している場所で、あまりグルグルと動くようには作られていません。

反対に、股関節は非常に大きな可動域を持つ関節です。

グルグルと動き回らないといけない関節です。

 

これが、反対になってしまっている人が多いです。

 

股関節が硬くて動かないせいで、腰が動きすぎ。

 

本来動くべきところと安定して欲しいところが逆になってしまっているのです。

 

なので、まずは痛みを取っていき、問題なく動けるようになって来たら日頃から股関節を柔らかくしてもらうためにストレッチをオススメしています。

 

もちろん、腰痛って本当に様々なので症状によって違いますが…。

 

再発しないためにも、早く良くすることプラス、なぜ腰痛になったのか、どうすれば再発しないかも合わせて考えておきたいですよね。

 

ぎっくり腰って、本当に辛いですからね。。。

 

動けるうちに、なんとかしましょうね!

コメント

Loading Facebook Comments ...

当院について

輝(かがやき)整骨院

名古屋市東区の痛み専門治療院輝(かがやき)整骨院

住所

〒461-0004
愛知県名古屋市東区葵2-2-2
石神ビル1階

アクセス
地下鉄桜通線 車道駅より徒歩5分
地下鉄東山線 千種駅より徒歩10分
電話番号

052-508-6529

※タップすると電話が繋がります

※施術中などで電話に出れない場合がございます。その際は留守電を入れてくだされば必ずかけ直します。お名前と、『ホームページを見て予約したいのですが』とお入れください。

輝整骨院 × LINE@

24時間予約受付中

1:友だち追加

まずは以下の「友だち追加」ボタンをクリックして友だち登録をして下さい。

友だち追加で予約する

2:メッセージの入力

「HPを見て予約したい」とお気軽にメッセージをください!

受付時間

月火木金曜

9:00-12:30
16:00-20:00

水曜

09:00-20:00

※水曜日のみ完全予約制

土曜

09:00-14:00

定休日
毎週日曜・祝日

施術の流れ

STEP1

受付・問診票の記入

受付・問診票の記入

受付で問診票をお渡ししますので、ご記入をお願いします。

STEP2

カウンセリング

カウンセリング

ご記入いただいた問診票の内容をもとに、「いつから・どのように・どの部分が」など具体的に症状について伺います。

詳しく状況をご説明いただけますと、より確実に痛みの原因を突き止めることができますので、リラックスしてお話し下さい。

STEP3

お身体をチェック

お身体をチェック

問診票の確認、カウンセリングで現在の状況についてお伺いをした後に、実際にお身体の状態を把握するための簡単な検査を行います。

身体のバランスや骨の状態、何が原因なのか、どうしたら痛みを改善できるのかを突き止めます。

STEP4

施術開始

施術開始

検査結果をもとに、治療方針を決め施術を開始します。

痛みに合わせて丁寧に施術を行っていきますが、バキバキと痛みを伴った治療は行いませんので、ご安心下さい。

STEP5

お身体の説明

お身体の説明

施術前のお身体の状態と、どのように施術を行ったのかを、ご納得されるまで説明いたします

また、今後どのような施術を行っていけば良いのか、日常生活で気をつけるべきポイントなどのアドバイスもさせて頂きます。

STEP6

お会計・次回ご予約

お会計・次回ご予約

お支払いをしていただき施術終了となります。

もし2回めの施術をご希望の場合は、次回の予約をしていただくと、待ち時間なくスムーズに施術を受けていただけます。

キャンペーン割引実施中

初めて行くお店や病院では不安なものです。あなたのその"不安な気持ち"を少しでも軽くできたら…という思いから

※当院に来院される患者様は痛みまたは何かしらのお悩みがあられる方がほとんどです。どこも悪く無い方は割引対象外とさせていただきます。『ホームページを見た』とお電話ください!

ご予約・お問い合わせ

輝整骨院は予約優先制です。ご予約のない方は場合によっては施術をお受けいただけない場合がございますので、初めての方はなるべくご予約をお願いしております。

ご予約はお電話、またはメールフォームからお願いします。ご不明な点などもどうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

052-508-6529

※タップすると電話が繋がります

※施術中などで電話に出れない場合がございます。その際は留守電を入れてくだされば必ずかけ直します。お名前と、『ホームページを見て予約したいのですが』とお入れください。

輝整骨院 × LINE@

24時間予約受付中

1:友だち追加

まずは以下の「友だち追加」ボタンをクリックして友だち登録をして下さい。

友だち追加で予約する

2:メッセージの入力

「HPを見て予約したい」とお気軽にメッセージをください!

メールでのお問い合わせ

24時間受け付けておりますので、診療時間外でもお問い合わせください。休診日を除き、1〜2日以内に回答させていただきます。

3日経っても返信がない場合、入力いただいた患者様のメールアドレスに間違いがある可能性がございます。その際はお手数ですが、メールアドレスをご確認のうえ、再送信いただくか、お電話にてお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
電話番号
ご年齢
ご相談内容

内容に問題なければチェックをお願い致します。

※当院は個人情報の適正な管理に努めています。当院のデータベース内にて厳重に保管し、当院での施術や患者様へのサービス等の業務に関係のないケースにおいて使用することは一切ありません。いただいた個人情報を法令等に基づき必要と判断された場合を除き、許可なく第3者に公開する行為は一切致しません。壁谷大輝を個人情報管理責任者とし、信頼していただけるように努めてまります。

サブメニュー